<%biog_name>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おつかれさま

2002年の母ちゃんの誕生日にやってきた手乗りインコのソラちゃんが
今朝、天国へ旅立ちました・・・

母ちゃんの元にやってきたときは毛の生え揃っていない雛で
粟玉をお湯で柔らかくしながら与えて育てた子でした・・・

穏やかな性格で、我が家の猫軍団にも警戒心を持たず
それが仇となり、一度だけモズクさんに頭をかじられましたヾ(;´▽`A``

モズクさんも甘噛みだったので大事には至りませんでしたが
あの時は本当にビックリしましたよ。

セキセイインコの寿命は平均7~8年だそうで
環境や健康状態によっては10年以上生きるインコもいるそうです。

ソラちゃんは満8年、9年目でした。

朝には元気に鳴いていたソラちゃんの声が聞こえないのは寂しいですね・・・
名前を呼ぶと返事をしてくれてたのに。

今は暖かいお気に入りの出窓で静かに眠っています。


image.jpg

ソラちゃん、母ちゃんの元に来てくれてありがとう。

自由に空を飛んでください。
スポンサーサイト

ミルクとチョコ

今日は雨・・・
私は古いパソコンに落とした写真整理をしてました。
懐かしい写真が次から次へと出てきます。
「子供の成長」「旅行」「記念日」・・・などと振り分けている時でした。
一昨年前、天国へ旅立った2匹のワンコの写真が出てきたのです。
今日は、そのワンコたちの話をしようと思います・・・


この子はチョコ。 活発な男の子で享年6歳。

choco.jpg

チョコが天国へと旅立ったのは、2月28日早朝・・・
チョコの死にはある問題が関わっていました・・・それは野犬駆除剤。
田畑を荒らす野犬駆除用の「タリウム」という薬だそうです。
その「タリウム」という薬は、特に症状が無く、
口にしてから約1週間で眠るように死に至ると聞きました。
チョコも前日夜まで、食欲もあって元気だったんです・・・

同じ散歩コースだった近所の犬数頭も、その薬によって命を落としました。

ウチは町と町の境にあり、隣町と複雑に入り組んでいる場所です。
同じ町の近所の人は、農薬や除草剤などを使用した時には
声を掛けてくれるのですが・・・
隣町になると、いくら近所でも付き合いが無いのが現状。
その為、野犬駆除剤を散布したと言う情報が来なかったのです。

いつもの時間にいつもの散歩道、いつもの風景。
もっと注意してればよかった!・・・ゴメンねチョコ。

この事は今でも悔やんでます。
たまに通りかかっただけでも涙が溢れます。。。

それから二度とその道を散歩コースにする事はありません。



そしてこの子はミルク、優しい女の子で享年12歳。

milk.jpg

ミルクは私がこの家に来た時、最初に私を受け入れてくれたワンコです。
いつも優しい目で私を癒してくれてました。

そんな初秋のある日。ミルクの毛並みが急に悪くなったのです。
白くフワフワしていた毛が、ゴワゴワになり、艶も失せ、
所々、脱毛もしてきました。
夏、害虫駆除は徹底的にやったつもりでしたが
もしかしたら・・・と思い、シャンプーをしたのです。
すると元通りとまではいきませんが、かなりフワフワ感は戻り
ミルクも嬉しそうでした。

しかしシャンプーをした次の日、ミルクの容態が変わりました。
前足を引きずり、散歩も困難な状態になったのです。
慌てて病院へ連れて行こうとしましたが秋分の日で連休・・・
連休明けまで悪化させないように看病を続けましたが
立つ事もできないほど衰弱してしまったのです。

連休明け、病院へ行こうと車に乗せたとたん、車が苦手なミルクは
何度も嘔吐します・・・病院まで40分。
ミルクには耐えられそうにないと判断し、
その日、病院へ連れて行くことはあきらめました。

しかし、ウチは牧場!定期的に獣医さんが来るのです。
その日は2日後・・・
「ミルク、頑張って!!」 と私は何度も声をかけました。

水だけは自力で飲めたミルク。でもリードが重たくて思うように飲めません。
歩けないミルクのリードを外しても問題ないと思った私は
繋いであるリードを外してあげました。
そしてその日の夜、ミルクを心配した旦那の妹が急遽、東京から来る事に。
するとミルクは立つのも困難だったはずなのに、ゆっくり立ち上がり
庭の入口までフラフラと歩いて行き、寝転がりました。
「ここは危ないよ」と言って連れ帰っても、庭の入口に行きたがるミルク。
きっと妹が帰ってくるのを待ってるんだ・・・と私は思いました。
ミルクは妹が保護した犬で、仕事で東京に行くまでは
妹がミルクの世話を全てしていました。
ミルクは妹が大好きなんです。

夕方になり雨が降り出してきました。私は庭の入口からミルクを連れ戻し、
庭の入口がよく見えるようにビニールハウスで寝かせてあげました。
「今から妹が来る、明日は獣医が来る、大丈夫!!」
と心の中で呪文のように何度も繰り返す私。

そしてついに妹が帰ってきました!!
「ミルク!!帰ってきたよ!!」
妹が声を掛けると、大きくフーッと長く息をつくミルク。
まるで「お帰りなさい」と言ったように見えました。
「着替えたらすぐに来るから待っててね」
と言い残し、妹がその場を離れたのが10分弱・・・

9月27日に日付が変わったばかりの夜中・・・
ミルクは待つ事なく、静かに息を引き取ったのでした。
妹に会えるまで頑張ったのでしょう。
最後に妹に会わせてあげられてよかったです。



この2匹のワンコと私は、4年しか生活を共にしませんでしたが
とてもたくさんの思い出を作る事ができました。
出会えた事にとても感謝しています。


今日は悲しいお話でしたが、最後まで読んでくれて
ありがとうございました。。。



ランキングに参加してます!

 | HOME | 

Welcome


Ranking

ランキングに参加中!

 ポチッとお願いします

プロフィール

かうがーる

Author:かうがーる
かうがーること母ちゃんです!
家事、育児、仕事と
毎日ユル~く頑張ってます。
気軽にコメント残してくださいね♪


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

牧場の家 家族紹介

4.jpg母ちゃん   趣味は昼寝
3.jpg父ちゃん 酪農一筋
2.jpgみーちゃん 8歳
0.jpgあーちゃん 7歳
8.jpgモズク ♀ 14歳
7.jpgカツゾー ♂ 2013.8.18 永眠
6.jpgチマコ ♀ 2012.7.19 永眠
5.jpgカイ ♂ 5歳


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


Pika_Mouse

powered by
3ET

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

HP紹介


ありがとう

20070712180123.jpg
「カニンヘンダックス小麦日記」の キャオリンさんから頂きました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。